--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[12/10/05] ヤリを持ってマンモスを追いかけます

2012年10月05日 17:44

久しぶりの読書録です。

今回は 『100,000年後の安全』 著/マイケル・マドセン です。
同名のドキュメンタリー映画作品を書籍化したものです。

映画公式HP 『100,000年後の安全』

前期に受けた授業で教授が紹介していたのをきっかけに、観てみたいと思っていたのですが、先日たまたま図書館で調べものをしている際に検索に引っ掛かって、借りることが出来ました。
100ページちょっとで、写真が多いので非常に読みやすく、またわかりやすい解説でした。


内容はというと、


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

[12/07/09] 鼻に杖刺さってた。

2012年07月09日 03:20

ムーミン谷と彗星谷 comet in moominlandの英語verを読み始めました。



mu-minn.jpg


ムーミンって前から知ってる割にはアニメとかも見たことないんですよね。
易しめの英語らしいので、頑張って読破しようと思います。


そして読み始めて数分。












ムーミンがトロールだということが発覚∑(; ̄Д ̄)




某魔法学校で、鼻に杖刺されてなかったっけ・・・。

[12/05/15] 國語元年 井上ひさし

2012年05月15日 05:30

10日ぶりの読書録更新ですね。
今回読んだのは 著 井上ひさし 「國語元年」という作品です。

時代は明治初期。
長州出身の武士である南郷清之輔は、上司から「全国共通はなし言葉」の作成を命じられる。
維新を終えて国が形としては1つになったものの、各地の人々が使う方言や訛りなどは根強く、統一された言葉がなければ満足に外国との戦争もできない。
例.そもそも「突撃」という言葉が通じない、など。

折しも南郷家には薩摩、長州、東京山の手、東京下町、名古屋、遠野、青森、会津など、各地の訛りを持った人々が集まっていて、清之輔はそれらの人々との会話を参考にしつつ、「全国共通はなし言葉」を作るべく四苦八苦するというお話です。

実はこの作品、いま受けている大学の授業での参考文献として先生が取り上げられたので、図書館で借りて読んでみることにしました。
「昔の堅苦しい作品で読みづらいのかな?」と思ったのですが、読み始めてみると可笑しくてしょうがなかったです。
統一言葉を作るということが如何に大変か・・・作る上でこういった問題も出てくるのか!と色々と考えさせられました。


戯曲風でサクサク読めたので、よろしければぜひ。

[12/05/04] 古都 川端康成

2012年05月04日 06:47

久しぶりの読書録更新です。
そもそも本を読むのも久しぶりです。
最近ようやく時間の使い方が掴めてきた気がします。もっと読まなきゃ!

さてさて、今回読んだのはコチラ。


古都



古都 川端康成 です。


川端康成さんの作品を読むのはこれが初めて・・・。記念すべき?1st川端です。
手に取ったのには色々と理由はあるのですが、とりあえずは京都に非常に近いところに住み始めたので、読んでおいて地理的な知識として役立つこともあるんじゃないかと思った次第です。

数日かけて120ページくらいまで読み進めていたのですが、そこから最後までは一気に読み進めることができました。
正直そこまではお話を掴み兼ねていたのか、読んでいて「あれ?」と思うことが多かったのですが、途中から何か掴んだのか面白く感じることができました。
その何かを言語化することができないへっぽこブロガーでごめんなさい。
あ、あと読み進めるのに手こずった理由の1つに、「登場人物の京言葉に慣れていなかった。」というのもあるかもしれません!

ただ、場景描写の素晴らしさは僕が以前から好きな作家である恩田陸さんを想起させるところがあると思いました。
そんな多くの描写の隙間でひときわ光る登場人物のセリフの1つ1つが、これまた印象的でした。
個人的には描写の素晴らしさはもちろんですが、セリフの方も評価したいです。

そんな本編を読み終え、あとがきに入ると「異常な所産」の文字が・・・。




( ゚Д゚)え!?じゃあ普通の川端さんの文章はまた違った感じなの!?




わからない・・・文学ってわからない・・・。


[10/02/28]3つ目 エクスチェンジ本

2010年02月28日 23:59

本日3度目の☆★ちゃ―――ヾ( ・∀・)ノ―――ぉ★☆
1つ目、2つ目は右のINDEXからどうぞ( ´∀`)つ


さて、先日「中庭の出来事」を読了し、次に読む本を探し中と書きましたが、金曜日に本屋へ行って次に読みたいものを買って来ました(`・ω・´)ゞビシッ!!

初のライトノベルを買ってきました゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚



20100228-000.png



狼と香辛料を読んでみようと思います!
このシリーズはだいぶ前に知り合いから薦められていたのですが、同じ方にその以前から薦められていた屍鬼を読むのに非常に時間がかかってしまい、読み終わった頃には他の本に手を出してて、ほとんど忘れかけていた作品でした(;´・ω・)

それをこの前ふと思い出しまして、アニメ化もしていたのでそっちを先に観てみたら、これがすごい面白かったんです( ̄ー ̄)b
「剣も魔法もないファンタジー」というのが私にとってはすごく新鮮なんですよね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン



20100228-001.png



というわけで、まずは1,2巻を買ってきて、土曜の夜にジグソーをクリアした後に読もうと1巻を開いたんです。
そこで目に飛び込んできたのは・・・













の文字でした。
最初は何がどういう事だったのか理解できなかったのですが、読み始めて異変に気付きました。




内容がわからない・・・


初めて読む作品なので、そりゃ当たり前といえば当たり前なのですが、アニメを通して観たのに、その知識が役立ってない・・・Σ(; ゚Д゚)

要するに、カバーは1巻だったのですが、そのカバーに包まれた本が4巻だったという( ´゚ω゚`):;*.':;ブッ
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
そんな事あるんだ・・・_| ̄|●
「取り替えてもらうか?」とも思っていたのですが、その時には既にレシートを廃棄してました( ´ー`)

とりあえず「早めに行くこと!」という助言を頂き、美容院の後に本を携えてその本屋さんに向かいました。
その本屋さんは国道沿いに一昨年出来たばかりで、本の他にも、ゲーム、CD、DVDや、各社ケータイショップ、TUTAYAを併設してたりと、私の活動範囲では最も大きい本屋さんで、品揃えも豊富です。
ポイントカードの還元率も高くて、金曜日は新品本&中古本の還元率が10%でしたΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ

店に入ってレジに向かうと、金曜日にレジを打ってくれたと見られる方がいたので、話しかけました。





私「あの、すみません」

店員さん「はい?」

私「金曜日にこちらでこの本を買ったのですが、カバーと中身が別の物だったのですが・・・」

店員さん「! お買い物時のレシートはお持ちですか?」

私「あ、レシートはもう捨てちゃった後でした・・・」

店員「それではその時にポイントカードのご利用などは?」

私「あ、それは持ってます!」

店員さん「申し訳ありませんが、少々お待ちください。」

店員さん、カードと本を持って奥へ。





5分くらい待ちましたかね、その間ずっとバイオ5の店頭PV見てました(´▽`*)
「追加コンテンツ配信まだかなーまだかなー」なんて考えながら。

するとレジに先ほどの女性店員と、2人の男性店員が現れまして。
「大変お待たせしました。こちらのものとお取替えという事でよろしいでしょうか?」
と言ってくれましたΣ(; ゚Д゚)

隣にいた2人の男性店員も、「大変申し訳ありませんでした!」と頭を下げてくれて・・・私は・・・



私「いえいえ!こちらで買う前に気付ければ良かったのに、すいません(;´・ω・)」


まさかの謝り合戦。

にしても、この本屋さんの対応は嬉しかったです(´▽`*)
私は自分の口から「取り替えてくれませんか?」とは言ってないんですよね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン
気持ちを察してくれたのか・・・しかも3人がかりで動いてくれるだなんて。・゚・(ノД`)・゚・。

というわけで、無事に「1巻」が手元に来ました(`・ω・´)
明日からはテスト1週間を切る?ので、少しずつ読み進めたいと思います!


はい、3連続更新の最後の記事になります。
なんとか日付を越える前に更新できそうですねε-(゚д゚`;)フゥ...
では、お風呂に入ってきます ブーン(((っ・ω・)っ


ではでは!今日はこの辺で!☆⌒☆⌒☆⌒≡ヘ( -∀-)ノ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。