--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[09/02/10] 初の長距離

2009年02月10日 22:48

☆★ちゃ―――ヾ( ・∀・)ノ―――ぉ★☆



今週は、月曜日に実力テストがあって、火曜日マラソン、水曜日祝日で休み、と非常に楽な日程となっております。


実力テスト・・・前回国語だけ学年1位に輝いたやつの第二回です


結果としてはダメダメでした。


英語、数学は元々やる気が無かった、というのもあるのですが、国語が・・・・


漢字なんて解答書いてる間に答え忘れて「だいきぼ」すら書けなかったっていう!!!



ありえねええええええええええええええええええええええええええええええええええええ




そして次の現代文が、「高校生のための哲学入門」?だったかな?これまた難しい・・・


「自分と向き合う事が~~~主体的な決意だ。」


ちんぷんかんぷんでした。・゚・(ノД`)・゚・。



という訳で、第二回の結果は悲惨なものになりそうです。



そして、本日校内マラソン大会が行われました



1,2年男子 9キロ


1,2年女子 5キロ


という(3年は自宅学習期間なので参加しない)感じで、10時に男子、10分後に女子がスタートしました。


自分は中学時代陸上部(長距離の方が得意だったけど短距離)で、駅伝とかもやってたのですが、9キロなんて走った事ありません


ひたすら200m走ったりとか、授業のマラソンでも3キロまでだったし・・・



高校の授業では最低でも4キロ、一番多く走ったので7,5キロぐらいだったかな?


とにかく未知の領域だったわけです



それで昨夜、別の高校で陸上を続けている友人に、「9キロってどれぐらいで走り終わるもんなの?」と目安的なものを聞いたら・・・



Y「34分ぐらいかな」



9キロ34分・・・・(。-`ω´-)ンー




1キロあたり3分45秒!!(くらい!)



私「いやいや、3キロぐらいならまだしも9キロそのペースで走るのは無理っす。」



現役陸上部員のタイムは参考にならない・・・


私「じゃあとりあえず40分ぐらいで完走できるように頑張る!」


Y「おお、何か知らんけど頑張れ」



私「・・・ところで最近彼女とどうなっちゃたの?」





それっきりメールが帰ってこなくなったのは秘密





はい、場面は飛んで本番です。



確かこんな感じ


8:35-9:00  SHR

9:00-9:20  着替え、整列

9:20-9:55  開会式

10:00~ 男子スタート

10:10~ 女子スタート

11:40~ 閉会式



が、大方の生徒は8時50分には着替えが完了してました



ホームルームに25分もかからねぇよ!!!


着替えに20分もかからねぇよ!!!


そして開会式


準備体操も含めて10分程で終了


結果 スタートまでの30分動かないので体がクールダウン


どんだけ時間配分へたくそなんだよ!!!


詳しいコース説明もないので皆「どこ走るの?」「スタート地点どこ?」とか言ってました


そしてスタートが直前に迫り、友達が「校庭を1周走ってから外に出るらしいよ」と教えてくれて、ようやく出口が見えました


校庭の端っこにある、道幅が2mも無いような通用口からでるみたいです。

なるほど、それで1周校庭走るのね。


確かにそんな狭いところから300ちょっとの人が同時に出ようとしたら危ないですからね、ある程度バラけさせないと。



そして



「あ、校長が銃持ってる!!」 「ホントだ!校長が銃構えてる!」


いよいよスタートです。

ライカンって言うんだっけか・・・あの「パーン!」ってなるやつ。



校長「第29回○○高校校内マラソン大会 スタートです」
(全然聴き取れなかったけどこんな事を言ってたような気がします)


ぱーん


うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


うわああああああああああああああああああああああああああああああああああ


gさlk(o'ω'o)?兵尾gさjmg歩s;rfjmlんmせをぴrhjpj:け;gsjgろbdrmしpf!!!!



とにかく人ばっかりだったけど、前を走ってる人と人の間を縫う様に走っていると、校庭の反対側では短距離バリのスタートで1位争いをしてる生徒が見えました、アレです、「スタートだけ頑張る」ってやつです、元気ですねヽ( ´ー`)ノ


周りからも

「バカだなーあいつらww」 「アレ一年じゃん、はえーーーーw」 「○○もっと走れえええええええええええ!」


いやー、楽しそうだなーヽ( ´ー`)ノ


校庭を出て数百メートル程で、さっきの1位を争ってた人達を抜きました。その時聞こえた会話が


「もうよくね?」「ああ、少しだけでも1位味わったからな」


何かもうお祭り的なノリです。


そりゃあ上位狙ってるバリバリ体育会系の人達もいるけど、それは多分極僅か?


普段体育の授業なんてマトモにやらない人達も、この日だけは走ります(走らないと成績もらえないから?かもしれないけど)


まぁ、なんだかんだで皆結構運動神経良い方なんだけど笑



走ってるときは、遠くに目立つズボン履いてる人が見えて、「ああ、あいつあんなところにいるよ」とか



学校近隣の人達も道で応援してくれたりね、何か良かったです笑



コースは途中に「折り返し地点」なるものがあり、そこで通過した印を手に書いてもらうようです。


結構大きい市の市内を9キロも走るのに一度も信号を渡らないという・・・


当然そういうコースを走るので、坂の上り下りが激しいですし、大通りの下を通るトンネルを幾つもくぐり抜けました。


そういうとこでも結構体力取られました。



とりあえず、「折り返し地点」までは頑張ろう


そう思って結構なハイペースで走っていました







ぜんっっっっっっっっぜん!辿り着かないorz



え?何で?コースあってるはずなのに・・・


不安と焦りと色々な憶測が飛び交い、走る事に集中できなくなる



そう、私は騙されていた、「折り返し地点」という言葉に





私の計画はこのようなものでした。



9キロで「折り返し地点」・・・つまりコースの半分



「折り返し地点」=4,5キロ地点


行き道は出来る限りハイペースで走り、帰りはコースがわかってるので、ゴールまでの距離も大体わかる、と言う事で走りながらペースを調節することが出来るだろう





しかーし



行きと帰りでは走る場所が違っていました


いや、「行きと帰り」と言うか、そもそも「折り返し地点」というのはただの「通過地点」であり、そこに着いたら来た道を戻る、と言う事では無かったようです


つまり、「折り返し地点」≠4,5キロ地点


なんということだ・・・てゆうか、「折り返し地点」って聞いたらコースの半分で「折り返す」って思うでしょ普通!笑


しかし気付いても時既に遅く、「折り返し地点」を通過後、「あと少しだああああああああああああああああ」とまるで水を得た魚の様に猛追してくる後続に為す術も無く、あれよあれよと抜かれてしまい


一時60→40とうなぎ上りだった順位もガタ落ち


その時の私はといえば、完全にスタミナ切れ



頭の中にあったのは「早くゴールしたい」とか「もう止まろうかな・・・」なんて事ばかり


そして、ようやく授業のマラソンコースでも走っていたところと道が繋がり、ゴールまでの距離が掴めてきて・・・あぁまだこんなにあるのか・・・



とりあえず「足を止めるな、足を止めるな」と言い聞かせていました


緩やかな坂を下り、前を見ると、学校の近くにある幼稚園が総出で道に立ち、疲れきった生徒達にエールを送っていました


50メートルにも渡り並んだ園児達の歓声が聞こえてきて・・・・


「がんばれえええええええええええええええええええええええええええええ」


「まけるなあああああああああああああああああああああああああああああ」


「あとちょっとだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



この声を、どこかで聞いた事がある。


少し懐かしい気持ちになって、気が付いた



これは、「悪と戦うヒーローを応援する子供達の声」だ!!!!


あぁ、そういえば自分もこんな事言ってたっけなぁ・・・


ぼんやりとそんな事を考えていたら



ある園児「あきらめたらごーるできないんだよーーー!!」


その瞬間 ハッとした


何故か少し体が楽になって、頑張れる気がした



ええ、火が付きました




今改めて「俺って単純なのかなぁ」と思いました笑


幼稚園児の声に励まされて力もらうって笑



残り1キロちょいだったけど、頑張った


意外と「なんだ、まだまだ走れるじゃんか」とか思ったりして、


抜かれた人を何人か抜き返したりして、ついに



ゴール!


もらった着順票を見ると・・・


きゅ、きゅうじゅうに・・・・




エ━━━(;゚д゚)━━━・・




うそだろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



しばらく、そこで票を見たまま棒立ちになった・・・



M「あ、お疲れ様ー!」


そんなバカな・・・・


確かに後半全然集中できなくてバテバテでバッサバッサ抜かれていったけどさ・・・


M「?おーい?」


そんなに抜かれてたのか・・・・


M「なあ?聞いてる?」


!?



私「おお、M早いな」


Mはうちのクラスの柔道部で、同じ柔道場を使って部活をやっています。



M「ああ、とりあえず座っとけ」


と誘導され、ゴール近くの生け垣の石段に腰を下ろし、次々と駆け込んでくる生徒達を見ながら話してました。


私「あー、しんどかった。思ったより9キロ全然長かったなぁ」


M「うん、結構コースも高低差あって疲れたわ」


私「で、Mは何番だった?」


Mは着順票を取り出し、私に見せた


そこに書かれていた数字は



29



・・・

・・・

・・・


そんなバカな笑


正直、自分の順位を知った時より驚きました。


私「29とか笑 もしかしてO達に着いて行った?」


M「ああ、途中で離されちゃったけどね」


・・・


私「O達はなんba」M「Yが13、Oが14、ルーム長が28だったよ」


何・・・


私「Mは何分くらい前にここ着いた?」


M「俺もついさっき。3~4分くらい前?ああ、お前が着いた時からだと2分くらい前かな?」




エ━━━(;゚д゚)━━━・・



何・・・その辺はそんなに人固まってたの?www




M「ところで何番だった?」


私「あ、Mジャージ着て無いじゃん、取りに行こうよ笑」


そうして立ち上がろうと足に力を入れると・・・左膝が痛い


無理に走って足に負担かけたのかな~

あと右足も痛い・・・これは靴の中だから砂利でも踏んでるのかな?


・・・


あ!


そうか、Mは中学の時バスケ部だったんだっけか・・・


いや、でも・・・


それにしてもねぇ?笑


順位も、隠したところで別にどうこうなるものでもないので、普通に言いました。


M「あれ?調子悪かったの?」


ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



こいつめ・・・いや、嫌味で言ってるわけじゃないんだろうけど・・・・


そしてジャージを回収し、誰か戻って来てないかと再びゴール地点に戻ってまた石段に座る。



となりのクラスで仲が良い人も、45番と中々の順位で、その人にも順位を教えたら


「え、どうしたの?練習の時あんなに速かったのに・・・」


ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛∑(ノ´д`)ノ


この人も嫌味じゃないんだろうけどさ・・・・悔しすぎる・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


座って周りの風景を見てると、上位に入ったのか喜んでる生徒や、疲れきっている生徒、マラソンなぞあったっけ?みたいな感じであぐらかいて雑談している生徒など、様々います


2年生が話しているのも聞こえてきて、


「やっと一年で一番めんどくさい行事終わったなー」


とかね



そうこうしてるとKが帰ってきました


私「おー、お疲れー」


K「も、もうだめぽ」


私「あれ?Sとかは一緒じゃないの?」


K「最後の最後で見捨てて置き去りにしてやったぜ!」


私「^^;・・・何番だった?」


K「197!ぎりぎり200に入った!」


私「お前・・・もうちょっと頑張れよ・・・」


なーんて話してるとSが帰還


私「おー、お疲れさん」


S「K!!てめえ何最後とばしてんだよ笑」


K「いやー、最後の最後でSに負ける事にはなりたくなかったし笑」


Sは207位でした


私「あれ?K(もう1人の)はどうしたの?」


S「さぁ笑俺も一緒に走ってなかったから」


M「とりあえず教室戻って着替えよー」



そして教室で参加賞のポカリを飲みながら話していると、Kが帰還


私「お、戻ってきた。インフルエンザから治ったばかりでコレはしんどいか?笑」


K「ホントだよ・・・全く・・・」


そして閉会式


壁に張り出されたタイムを見ると・・・・



46分26秒27



まぁね、順位からして大体予想は出来てましたよ



でもね、1キロあたり5分以上かかってるって



どう考えても遅すぎるでしょう!!!!!!



やはり私が戻ってきた直前に、秒刻みで人がずらずらっと並んでいます。何があったんだこの時間



そして何より驚いたのは


1位は二年生の野球部員だったのですが、タイム


35分57秒


エ━━━(;゚д゚)━━━・・



プレイバック!



私「9キロってどれくらいで走り終わるもんなの?」


Y「34分ぐらいかな」




エ━━━(;゚д゚)━━━・・



あいつ・・・そんなに速かったのか笑



この学校だったら間違いなく上位食い込んでるじゃねえか笑



そりゃね、Yの学校の陸上部つったら公立と言えども駅伝で全国大会行ってるような学校ですよ


(ちなみに狐さんもYと同じ学校です)



(。-`ω´-)ンー


まさか・・・34分ってのは大ボラ?wwww


そりゃないかw中学の時も充分速かったしね


そんなこんなでくっそ疲れたマラソン大会は終わり


なんだかんだ楽しかったなぁ


来年こそは・・・!!!


と今から闘志を燃やしております




2009211 029



写真ではわかりづらいかもしれませんが、右足が痛かったのは砂利ではなく、親指と人差し指の付け根の間にできたマメ?のせいでした


こうして見ると、親指だけ異様に太くないだろうか・・・










2009211 031



大晦日に親父が買って来たケーキ


最近うちの親父は「○○記念」と称してやたらとケーキを買ってくるようになりました。










2009211 030





1月22日に母親が仕事場で食べ切れずに「○○さんのトコは食べ盛りが2人もいるでしょう?」と貰ってきたでっかいタイヤキ


見ての通り、あんこがはみ出すほど詰め込んであってあんこ大好きな私にとって嬉しい限りです!


夕飯前でしたが1つ完食してしまいました。


食べ物の写真撮るの好きなんですよね~



長々と書いてしまいましたが、以上です






あー、タイヤキ食べたい!





ぷにs>ぷにさんがコメとは珍しい事もあるもんだwww
何事かと思いきやwwww

あれはホントに酷かった。・゚・(ノД`)・゚・。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。