--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[11/12/06] 茶道の彼5

2011年12月06日 06:58

[11/11/26] 茶道の彼
[11/11/27] 茶道の彼2
[11/11/30] 茶道の彼3
[11/12/02] 茶道の彼4

の続き。


お腹が減っていたのにも関わらず手が進んでいないことにびっくりする。
それほど夢中になって話していたということなのだろうか。
余っていたポテトはK君と分けて食べ、映画館へ行く前に飲み物を買いにスーパーに寄る。
レジで一人ずつ会計を済ませるのが面倒だったのでK君の分の飲み物も僕がまとめて支払い、劇場へ。


「あ、お金別にいいからね。」


K君「あら、いいの?」


「うん。その代わり後でどうなったか教えてね。」



フフフ。100円弱でこんなに美味しい話が聞けるなら安いもの。



劇場に着いてポップコーンを買い(ここは自分の分だけ)、入場。
席に着くとすぐに暗くなり、宣伝がややあって本編へ。



・・・。




・・・。






あれ、面白いぞ・・・。





いやね、正直それほど期待はしていなかったんですよね。
今回誘ったのは僕からで、夏以降ほとんど遊んでいなかったので「ちょっと会って話したいなぁ」なんて思ってた矢先に、S君K君が観に来そうな映画を選んで声をかけたんです。
まぁ、S君は風邪でこれなかったんですけどね。

オマケとまではいかなくても、僕にとってはメインではなかった。



帰り道は映画の感想などを話したり、Mちゃんとのお出かけについての話をしたりして別れた。




・・・。



別れてからふと思いついたのだけれど、一度は延期になった映画の話を直前になって「やっぱ今日にしない?」っていうのは・・・。
Mちゃんとの事を話しておきたかったとか?だとしたらちょっと頼りにされてると考えちゃってもいいのかな。
いや、単に自慢したいだけってことかも・・・。





・・・。





ま、「ほかの友人達には話さないでくれ」ってことなので、少しは頼りにされてるってことでいいのかな?
何はともあれ今は同盟を結んでいるんだし(顛末を話すという点でも)。




  `¨ - 、   _____      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて__` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´




さーて、どうなるかな。





三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://naasann.blog83.fc2.com/tb.php/645-daa24e78
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。